自分の立ち位置を知るということ

どうも、hirazenです。

自分の立ち位置を知るということはとても大切なことだと思います。

6年ほど続けてきたニコ生が結局コミュ人数300行かなくて癇癪を起こすような形で爆破して、ペンギンチャンネルっていうラジオサークルを辞めたり(2回目)とか。

曲がりなりにも中学3年のねとらじ凸者から始まり、この配信界隈には居ました。

しかしながら、コメントもつかない、誰も人が寄り付かない、そして気がついたら一人相撲のごとく1時間近く延々と独り言を喋る。

 

この時気がついたんです。

「この時間すげー無駄じゃん」

って。

 

で、じゃあ今後どうするん?って話なんですが、配信するにしてもたまーに、気が向いたらやるとか。

でも基本的には技術者・エンジニアとしてやっていく予定です。

今月は自宅をスタジオにして音楽講師の人のライブ授業やりますし。

そんでもってお金にもなります、ちゃんとインセンティブをいただく仕事です。

 

結局のところですね、僕は演者になれなかったわけですよ。

それは音大時代から薄々感じてたことだったので。

バンドは僕のほうが体調悪く戦線離脱中ですが、軌道に乗り出したらそちらで表に出てきます。

…何かあべこべな感じですが、

「ネットでコンビ組んだりとかして色々やったけど中途半端になった、ならリアルで仲間を組んでやってみたらどうなるんか」って話です。

普通逆だと思うんですが、この歳になってそれをもう一度チャレンジしたいという気力が徐々に回復してきました。

 

ある人の言葉ですが

「自分が実現したいことがあるんなら、まず自分が一番高く売れるところで活躍して、そこで稼いだお金を使って自分の実現したいことをやれ」

と。

だからそれを目指していきたいなと思っている次第です。