読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【現場取材】JASRACの問題を現役音楽教室講師に取材してみた

今まで音楽教室の個人レッスンにJASRACが徴収の手を伸ばすということで下記の記事を書いてきた。

 

hirazen.hatenablog.jp

hirazen.hatenablog.jp

 

今回は実際の現場の声を聞くことが出来たので話をきいてみることにした。

取材したのは僕が音大受験のときからお世話になっている現役の某大手音楽教室講師である。

 

まず聞いたのは末端の教室の売上への影響だ。

「部分的に徴収する、例えば、クラシック部門からは取らないとかだとすればいいが、全体から取るということになればそれだけ負担が増えるのが考えられるからある程度の影響はみられると思う」

とのこと。

 

そして、音楽教室業界全体に目を向けた話もしてくれた。

「音楽教育を守る会」の筆頭であるヤマハ音楽振興会は15年度、6億の経常赤字を出している。

しかし、恩師はこう語った。

ヤマハや河合なんてところは音楽教室をいわば『広告』のように使っている。そりゃ利益が出ないのは当たり前。最終的には楽器を買ってもらわないことには成り立たない」

事実、ヤマハ音楽振興会の親玉であるヤマハの営業利益は下記の通り右肩上がりの状況である。

https://www.yamaha.com/ja/ir/guide/pdf/guide.pdf

つまりは「赤字が出て当たり前の部門」というのが音楽教室部門であるということだ。

 

またJASRACの体質についてもこう語った。

「元々JASRACはいろんなところに訴訟をふっかけてきた、これは今に始まったことじゃないくて、MIDIの一斉規制のことも含め、今回のことでそれがまた再燃してしまった」とのこと。

そして大炎上中の理事がいる状況についても「団体としての体を成していない、異常な状態だ」と指摘した。

 

最後に巷で騒がれている「音楽大学や専門学校にも徴収の手が伸びるのではないか」という懸念に対してこう語った。

「今回は営利目的でやっているということで音楽教室を徴収の対象にしたというのは分かる。ただ、これがもし私学の音大や専門学校にまで伸びると「国公立はどうなるの?」という、非常に線引が曖昧なことになってしまう。さすがのJASRACもここには踏み込まないとは思うが、もしそれに着手するとなったらJASRACもなりふり構わずというのが露呈することになるだろう」

 

今回賛同に加わっていないメーカーなどについては

「基本的にやる気が無いというところもあると思う、そこまで力をいれてなくて、(JASRACに)言われたら下の教室側に「はいこういうことになったからよろしく〜」ぐらいの感じだろうと思われる」

 

楽器を売るということを考えた際、音楽教室部門というのはある種「広告」というのは「音楽教育を守る」と言っている人たちからすると耳の痛い話ではあるが、これもまた事実である。

また、JASRACの今までの広報の稚拙さ、理事のTwitter大炎上等、ほころびが出てきている。

 

Twitterでも話したが、私の意見としては

「あなた方銭勘定でしか話しして無くて音楽教育どうこう言ってるのって建前じゃないんですか?」

という立場である。

 

最後に恩師はこう語った。

JASRACがやってきたことも悪いけども、まず一般の人たちに「著作権とは何か」ということが周知されていない現状がある。その中でただ感情で動いているのは仕方がないことかもしれないが、まず広く「著作権」というものを知る機会をそれぞれが持つことが、議論をすすめる第一歩ではないか」