読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【考察】感情論で動くのは相手の思うつぼである〜JASRAC VS 音楽教室業界から考える〜

日常 考察

何にしてもそうだが、感情で動くというのは時に自分を不利に立たせることにもなる。

前回書いたJASRAC関連の記事を書いていてもそれを感じることがあった。

 

hirazen.hatenablog.jp

 

ネット上を見ても大半が音楽教室側についている状態だ。

まさにJASRACは窮地に追い込まれている。

JASRACに関しては過去の問題(MIDIデータ問題、分配の不透明さ等)があるが、今回特出して多いのが「感情で語っている人が多い」ということである。

 

「音楽教育が衰退していく」

「自ら音楽の下地を潰すのか」

「ヤクザとやり方が同じだ」

 

という意見が多く見受けられる。

もちろん、それはそうかもしれないが、それではJASRACはびくともしないのではないか。

しっかりとこの問題に対して深く考察する必要があるのではないかと思い、書いたのが前述の記事だった。

見方を変えればJASRAC擁護に見えなくもないが、私もかつて一端の大手音楽教室運営スタッフだった。

その視点から見ると、一般の人たちが「音楽教室のビジネスモデルを理解していない」というのが分かったのでそれを周知したいと思った次第だった。

また、「著作権」というものの仕組みをも理解していない人も多く見受けられた。

国が定める学校、例えば小学校や中学校といった場所で教育目的に使う場合は著作権が一定条件で自由に使えるというのは知らなかったという人が居た。

これではJASRACに足元をすくわれかねない。

今までのことと、今回のことはしっかりと切り離して論じなければ、破綻してしまう。

 

これを例に論点を整理したい。

まず、今回争われているのは「演奏権」に関するところだ。

演奏権とは「公衆に聞かせる目的で楽曲を演奏したり、歌ったりする」ことである。

これをマンツーマンで行われている音楽教室のレッスンにも適応させるということだ。

 

JASRACの言い分としては、生徒に対して見本を見せて、この曲こんな上手く弾けるようになりたいとなった場合、「じゃあこのピアノ買ってみない?」というセールストークにもつながるわけだから、営利目的だし、なおかつ公衆に聞かせる目的で演奏しているから取ってもいいよね?ということである。

 

もちろん、音楽教室側はこれまで、これとは別に外部で行われる発表会等では使用料を払ってきている経緯はある。

そこにふっと湧いたこの話である。

とあるJASRAC幹部は「10年以上協議を重ねてきた」と言っているが、その結果がこれというのは何たる体たらくだろうか。

 

そして音楽教室というビジネスモデルは今日まで長くあったのにも関わらず今の時期になってどうしてそんな話をしだしたのか。

今まで別の収入にあぐらをかいていて、収益も減ってきた部門の補填にと考えてだしたのだろうか。

そうなればこれはJASRACの明らかな怠慢であることは明白である。

 

しかしながら、音楽教室のほうを全面的に肯定出来るかと言ったらそうではなく、音楽教室というのは「音楽教育を促進している」のではなく「商売で音楽を教え、最終的には自社で楽器を買ってもらう」のが目的ということを忘れてはならない。

「音楽教育を守る会」と謳うのは結構だが、それと同時に自分たちのビジネスモデルも真摯に説明すべきではないか。

このままでは核心を付く議論は出来ない。

 

今のこの状態で感情で「JASRACが嫌いだから音楽教室の味方になる」としよう。

しかし楽器の押し売りなんていう事案があるこの音楽教室業界を考えると一概に味方になろうと思うだろうか。

私としてはそれはどうしても我慢が出来ない。

(私が働いていたところはしっかりと納得してもらった上で買ってもらっているので押し売りのような強引なセールスはしていないというのを予め申し上げて置きたい)

 

この問題を考えるというのは、JASRACの問題を考えるだけではなく「演奏権とは何か」「元をたどって著作権とは何か」「音楽教室の実態はどうなんだ」と、多岐に渡って広がっていく。

一つの問題には複数の課題が連なっていることが常である。

 

一人ひとりが視野を広く持ち、この一つの問題にとどまらず、広く考える機会になることを願ってやまない。

 

2017/02/12