読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰宅してスーツのままで1時間でオリジナル曲作ってアップした話

久しぶりに曲を作りました。

仕事から帰ってきてスーツそのままでドラムの打ち込み以外は全部一発録音。

ピアノからギター、ベース、すべて一発で録りました。

荒削りもいいところです。

ただ、僕の作曲スタイルはこんなものです。

大学時代からそうですが、何日もかけて作った曲よりも数時間で作った曲のほうが曲自体の完成度が高いです。

現に今まで途中頓挫した曲の殆どは曲の構成に日数を費やした挙句、途中で構成が崩壊して作品としてまとまらなくなったケースです。

 

おそらく半年以上、オリジナルの曲を出していなく、もうそろそろ書かないとなと思いながら、楽器に触るのも嫌になるぐらいの状況でした。

12月下旬にあった某オフ会で「じゃあ曲作るわ」と言ったはいいものの、「全然作れない」と思いながら年を越しました。

 

長期休暇中の精神状態はあまり良くなく、休みというのが苦痛に思ったのはこれが初めてでした。

「とにかく働かせてくれ、早く休みが終わってくれ」

そんなことを思いながら四苦八苦していました。

 

そんな中、6日が仕事始めで、その仕事から帰ってきたときに

「あ、曲作ろう」と何故か思ったわけです。

自分でもその時の心境はよく覚えてませんが、荷物部屋からギターとベースを取り出して、マスターキーボードの上にMacBookを乗っけて曲を書いていました。

譜面も何も書かずにひたすら録音と打ち込み。

ミックスもそこそこに動画にしてアップ。

それがこの曲でした。

 

曲調としてはシューゲイザーをイメージして作った曲で、後からポストロックっぽい部分もあるねと知人から話されて、たしかにと。

僕の曲で一番ヒットしたのが膣の歌ですが、本来の作風はこんな感じです。

大学時代からこんな感じの曲調が得意で映像が本業になりつつも、裏で曲を作っていました。

いつかはライブでいっぱいやりたいなと思いながら。

ただ、学生時代に自分の曲をバンドで演奏したのは一回きりですが。

そこが一番僕の中では引っかかっていたところでした。

 

ここ最近鬱屈としていた中で、一番の自分の表現方法はこれしかなかったので、こうなったんだろうなと思っています。

僕が作る過程の中では、何かどうしようもない駄目で退廃的で後ろ向きな気持ちでいます。

どうしようもなくて駄目でしょうがないネガティブな感情の中で作った曲が、自己満足的にも、評価的にも高かった気がします。

そんな気持ちの中で作ったのが今回の曲だったんじゃないかなと、自分でもよく分かってませんが、そういうことだと思います。

 

長々と書いてしまいましたが今回の制作の経緯はこんなところです。

よろしくお願いします。