読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友人と飯

日常

劇団を主宰している友人と飯を食べに関内へ。

話も思いの外弾み、あっという間に3時間が経っていました。

彼は医学部の6年生でもあり、将来的には医療と演劇パフォーマンスを組み合わせたハイブリットなことをやりたいと言っていました。

 

「二足のわらじを無理やり一足にする」と。

 

そんな彼に感化されたのかされてないのか、自分も何だかんだで何かやろうと思った次第で。

友人からは「ちゃんと曲書けよ」と、喝を入れられました。

アレンジはしてるんですけどね、(書いては)ないです。

 

夏が終わる前に、1曲、書きたいですね。