OSMO Mobileにおける「DJI Go」の使いづらさについて

先日OSMO Mobileのレビュー記事にも書いた、付属アプリの「DJI Go」について書いていこうと思う。

先日の記事はこちら。

 

hirazen.hatenablog.jp

 

OSMO Mobileだが、DIJが提供している撮影アプリの「DJI Go」が使用可能である。

このアプリで撮影を行うと、iPhoneの場合、通常よりも広角に撮れるという特徴がある。

また、自動でパンをしながらタイムラプス動画を撮ることが出来たりといい点が多くある。

しかし、致命的な問題点がある。

 

アプリで撮った動画は一旦アプリ内に保存され、カメラロールに保存する際は「コピー」という形になる。

結果として、保存するに当たっては倍の容量が必要となる。

たとえば長時間撮影を行って要領ギリギリのときになった場合。

残り数100MBしか無いなんてなった場合はコピーは不可、結局直接取り出すしかない。

僕の場合は「iFunBOX」を使用して取り出しに成功したものの、この作業はかなり苦痛。

仮に間違って消したときにはサルベージは不可に近い。

これに関しては2つの有料ソフトを使って検証したので追って書きたい。

 

そもそも、この製品のコンセプトとして長時間撮影はあまり想定されてないと思われる。

使われるシーンとしたら数分程度のファミリービデオやパーティーの様子、旅行での一コマというところだろうか。

それを考えると、1時間以上の撮影は想定外でそこまで配慮していない可能性がある。

さらにiPhoneで言えばアンドロイド端末にあるようなSDカードで容量を増やすとといったことが出来ないためなおさらである。

 

長時間撮影をする際は、標準のカメラアプリを使ったほうが安全と言えるのが個人的見解。

 

 

DJI OSMO Mobileで色々と撮影してみた

前々からずっと気になっていたスマホ用のスタビライザー。

ついに手を出してしまいました。

 

DJI OSMO Mobile

 

言うよりも動画見てもらったほうが早いと思うのでこちらをどうぞ。


有楽町駅から東京駅京葉線ホームへの近道 (横浜方面から来た人限定)

 

届いた次の日に使用して撮影してみました。

なかなかの滑らかさです。

前々から機動力の高いスマホで動画を撮影してアップする流れが大きくなってきています。

そんな中でOSMOシリーズもついにスマホ単体専用のスタビライザーを出したところだと思います。

セッティングも結構簡単、ただ、専用ソフトの「DJI Go」が使いづらかったり…(この件は後日)。

標準のカメラアプリでも撮影出来るので使いやすい方で使っていけばいいと思います。

多分これからフリーの仕事でも使う機会増えるかなと思います。

 

 

現代における伝統産業の継承と第二次世界大戦以前までの丁稚制度について

こんなツイートが一時期話題になっていた。

togetter.com

 

要するに

「技術は手厚く教えるけど半年は無給です」

とのこと。

似たような例だといすみ鉄道が訓練費700万を負担してもらって運転手を募集するというのがあったが、これに関しては現役世代などが退職金や貯金を充てにしてなっている例が多いのでここでは同じとは余り言えないかもしれない。

 

僕がこれでふと思い出したのは「丁稚制度」の存在だった。

丁稚制度は、簡単に言うと

「10歳前後で商店などに住み込み、雑用や使い走りを行い、その中で仕事を覚えていく」

というものである。

織物業界でも丁稚制度はあり、そういう人たちは老年になった現在もご顕在とのこと。

しかしもう数年で限界ということでこういうツイートをすることになったわけである。

戦前まではこの制度のおかげで伝統が受け継がれてきた側面もあるのではないか。

 

もし、本気で西陣織を遺したいということであれば方法は一つ。

「丁稚制度を復活させて、中学卒業と同時ぐらいから住み込みで徹底的に技術を叩き込む」

これしかない。

 

大学全入時代と言われる現在、中学卒業と同時にこの道でいくというのを決めるのは中々難しいところがある。

もし仮に挫折したとして、高卒資格がなければ職も限られてしまう。

あとはそれこそどこかの慈善団体か財団からの支援を受けるしかないのか。

 

申し訳ないが、20代前半の若者にこれを言うと「やりがい搾取」見ざるを得ない。

もっと年齢層を低いうちから取る、青田買いをするべきだ。

中学卒業とまでは言わなくていい、高校卒業後に大学に行く代わりにここで半年無給で技術を教わって手に職をつければと考えれば決して悪い話でもないと思う。

 

要はどこにフォーカスを合わせるかである。

今回の例でもTwitterで募集するのではなく、高校などに出向き

「こういう形で職人の養成をしたいと思っていて人を募集しています」

といえば、進路の一つに紹介も出来るだろう。

 

今は法律的にも10歳前後から丁稚に取るなんてことは出来ないが、現代社会で出来る限りのことはする。

自分にも言えることだが、「出来ないこと」よりも「出来る方法」を見つけるしか無いのだ。

調子が悪いここ最近

3月からの不調が未だに尾を引きずってる。

イフェクサーを増薬して対応してはいるものの、今週の勤務日数は2日。

よいよ山場です。

なんとかしたくても身体が言うことをきかないことほど辛いことはありません。

気持ちが前に進みたがっているのに前に進めないのは辛いところです。

ミスチルのランニングハイという曲にこんな歌詞があります。

 

甲「理論武装で攻め勝ったと思うな バカタレ!」

乙「分かってる仕方ないだろう他に打つ手立て無くて」

甲「威勢がいいわりにちっとも前に進めてないぜっ」

乙「黙ってろ!この荷物の重さ知らないくせして」

 

歌詞そのまんまの状況です。 

甲も乙も自分の中に居て、葛藤している感じです。

自分自身との葛藤です。

 

さて、そんな中、約束していたライブを観に行ってきました。

下北沢まで1時間ほど。

重い身体に薬キメこんで行ってきました。

同じ大学の人のワンマンライブだけあって同窓会の様相。

出演してる人も後輩だし覚えてね~だろうなとか思ったら思いの外覚えてもらっていた。

それも事細かに。

学生時代の僕は元気がありました。

それはから元気かもしれませんが。

ただ、それが、印象に残っていたんだろうなと思います。

 

みんなオーラが上がってました。

そりゃそうです、第一線で頑張って場数踏んできてるわけですから。

僕だけ腑抜けです。

ほんと、何も出来てねーなとか思ったり。

それでも何かしたいと思っても何か思いつくわけもなく、思いついてもやり抜く自信もなく、仕事にもろくに行けてなく。

辛いなぁとか思ったり。

それでもみんなにそうやって覚えてもらっていたことが、嬉しかったりするわけで。

 

そんなことをつらつら書いてみました。

友人の怪文書:4月某日

以下コピペ

【前巻までのマラすじ】

シャツに描かれた「BOKKI」の文字の「B」の文字がいきがりはみ出しているというだけで児童ポルノ禁止法に抵触すると逮捕起訴された書道家の平山。弁護してもらえると信じていた法律に詳しい人からもスルーされ、証人からも、「こんなの010で敗訴のパティーンなんだよね」と半ば諦め顔で言われる。断崖絶壁絶体絶命、平山のこのピンチに対して「異議あり!」と証言台に立ったのは、お手洗いのマークを開発した名も無きピクトグラムクリエイター。「このピクトグラムは暗にBOKKIを表現した世界で初のマークなのであって、俺が先なんだ。お前は二番煎じのパクリ野郎でしかない!著作権料をはやく払え!こいつを裁くのは俺だ!」そんな、嘘だろ。まだ年数の浅い裁判員制度の中でなんという濃い内容なんだ、これでは裁判員の皆様がインパクトに負けて誰ひとりとして俺の肩なんか持ってくれるわけがない。終わる。俺のBOKKI人生が終わる。早速地下牢獄のお局様の楽屋へご挨拶に行こうとすると、背後からサンプラザ中野くん似の男がRunnerを歌いながら、左右にステップを刻みながら近付いてきた。「平井堅のフェ/ラはまるでダメだったが、君のは具合が良さそうだ。」ははは・・・、夢であれば・・・、良かったのに・・・な。

 

数カ月経っても永井先生は永井先生だった

4月1日、ついに永井先生が休止期間中に一時復活を果たした。

ひろ単に乱入する形で後半は永井先生単独で配信をしていた。

 

そこには何も変わっていない永井先生が居た。

どうしようもなくダメ人間な永井先生が居たのだ。

 

そう、それでいいんです、先生。

僕が今一番みたいのは「裏物ジャグラー」の実機配信です。

先生の往年のコレクションの配信が待ち望まれる次第です。

2017-04-08「今日の友人の怪文書」

【前巻までのマラすじ】「犯人はこの中にいます。」石原慎太郎のその声に目を覚ますと、平山は古いエ/ロビデオ屋さんのレジ前にいた。右手にはキツい紫色に黄色いシミのついたランジェリー、左手には中学校時代の同級生がローアングルで足を安物の縄で縛られながら8時間連続で穴の周辺を触られ続けるのを68歳のおじいちゃんがニヤニヤしながらtんぽを弄り続けるだけのビデオを握り締めて。「証拠が少なすぎる!もっと良いものはないのか!あるなら早く出せ!その方が楽になるぞ。」と、このままでは囲まれる。やばいどうしよう。このままでは俺は犯人として仕立て上げられてしまう。真犯人を突き止めるため、手掛かりを求めてドエ/ロDVD購入特典撮影会に行くも、そこは原宿竹下通り。有無を言わさず道のド真ん中に仰向けにさせられ、セクシャルマイノリティたちに体中を貪られていると、よだれを垂らしたAV男優、ダイナマイト幸男が白いブリーフの片隅に、これまた黄色いシミを大きく残した状態で意気揚々とオンステージ。「君たちの世界を破壊しに来た。バッギー事件を再び起こそう。」即座にググる平山。数秒後、彼は脳の判断よりも早くダイナマイトから遠ざかる。走る、走る、息を切らせ走る。追う、追う、瞳孔ガン開きで追う。無理だ。追い付かれたら俺のおtんtんが自分の穴ルに繋がれて永遠に排泄した液体が体内を循環し続けることになってしまう。しかもあんな汚い男の手によって。「やめてくれ!こんなことなら江頭2:50の粉噴射を満面の笑みで口を開けながら待っていた方がいいくらいだ!」そんな事を言っていると目の前にタイツ姿の江頭登場。「俺が代わりに繋がれてやるから、お前は俺と一緒にケツの穴を接続して粉を4ぬまで交換し続けようぜ~~~~~~~~~~~~~~イエ~~~~~~~イ!!!!!!!!!!!」

平山は人としての生涯を終えた。