読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【友人の怪文書シリーズ】 【前巻までのマラすじ】総集編

・その1

地元でお世話になっている行きつけのオカマバー店長の命により、フランス傭兵仕込みの体術を学びに行くも、まさかの沼発動によってたどり着いた先はバグダッド。「يمكن أن تظهر لي الفرج الخاص بك؟يمكن أن تظهر لي الفرج الخاص بك؟」待ち受けていたのは、もうこの際男でも女でもいいや~~~!!!な欲望にまみれた現地の海外青年協力隊。大日本帝国のプロモーション・アダルト・ビデオの撮影を現地で依頼するも、「それならギャラ含めてざっと5ディナールだな、前払いでよろしく。」との返答にまたしても激怒する平山。こいつ薬なかったらいっつもキレてんな。「某オリエンタルランドでの結婚式よりも高いじゃないか!俺はNHKを解約するレベルで金がないんだ!謝れ!」そんなこんなでキャッチーを科学する平山TAKUMI(今年25歳男性)。勢いよく砂でできた家屋を自慢のザー/汁ビームで穴を開け始めた。もうこうなってしまったらおしまい。バグダッドで平山と反政府組織とイスラミックステートとの三つ巴の戦いが始まってしまった。「列強諸国よ!イラクに平和をもたらすために兵を寄越してくれ!俺が歴史に名を刻む!」そんな時、ロシアの戦闘機がふいに発射した濃縮ウラン弾が平山のデリケートゾーンに・・・。

 ・その2

極右政党専属ゴリラの紹介で想像妊娠した相手の女はアメリカと中国の二重スパイだった。知りもしない架空の秘密を暴露しろという言いがかりをつけられる平山TAKUMI(今年25歳男性・Twitterのアカウントとコミュニティを爆散させた沼)。親にも見られたこともないキン/タマの裏のシワの数を、前立腺をいじられながら声を出して数えられて、「これが二人のはじめての共同作業よ!」と言い張られる。20代半ばにしてお役所へ離婚届を出しに行くも、「日本国政府高官からその届けは受理しないよう仰せつかっておりますので・・・。どうしても、と仰るのであれば父親の遺影で股間を隠したローアングルからの写真を本名Facebookにアップしてください。」と、和田アキ子とあき竹城と天童よしみの顔を足して3で割ったような熟年顔面爆心地な受付の女性に迫られる始末。五反田の狂ったショッキングピンクのネオン街、ひとりホテルの前で泣き崩れる、、、平山・・・。

・ その3

「この国を、、、この手で!このtんぽで!変えてやるんだ・・・。」そんな強い意志を懐の短刀に携え、現代の過激思想を学ぶべく、シリアに飛ぶ平山TAKUMI(今年25歳男性・Twitterのアカウントとコミュニティを爆散させた沼)。しかし、待っていたのは激しい男尊女卑と思想カーストが蔓延る地獄の光景だった。「観測者としては、これほど現実離れした夢現を味わえる場所はない。それはもう楽園のようだよ。君も服なんて不要なもの、とっぱらっちゃいなYO!」・・・。それは恥ずかしい。いくら俺でも常日頃から一枚も纏わないのは心が壊れてしまう。「それは自由に反する!世界を支配するアメリカが提唱するグローバルスタンダードを、君たちは喜々として受け入れるべきだ!」反論虚しく、全ての衣服を身包み剥がされる平山。失意の中、頭の中に一筋の光がさす。同じ形式の独房に収監された向かい側、卵と見間違えるくらいに丸まった存在がコトバを発し始めたのだ。「玉の袋。お前にはまだ、その大きなダルッダルの玉を包む皮があるだろう。」平山は救われた。「俺はこの袋で世界を変えるぞ。見ていろ世の生きとし生けるものよ。」文化的かぶれ者な左翼膣の中臭すぎ問題抱えまくり女が狼狽するシリアの大地の真ん中で、平山はこの世を憂う。「でもそのダルッダルの皮、汚そうだし無理なんだよね。」不意に飛んできた、あまりにも澄みきっていて痛烈なご意見。それに対して・・・、平山は・・・、一言も言い返すことができなかった。

色々なものを削ぎ落とす

最近いろんなものを捨てたり手放したりしてきました。

筆頭に挙がるのはテレビ。

結婚予定の姉宅に連絡を入れ、もう一台ほしいということで送りました。

NHKも同時に解約手続きをして、無事にお金も戻していただきました。

こちらが手順を踏めば本来であればちゃんと解約出来るのが分かりました。

 

次にTwitter、2つ持っているアカウントのうちの一つを消しました。

かれこれ7年近く続いたアカウントですがこれも潰しました。

さらに、現存するアカウントもフォロー数を見直してかなり削りました。

 

あとはニコ生のコミュを爆破。

現在は作り直してコミュ限オンリーで自分勝手に気ままにやっています。

 

何をしたかったというと「とにかく捨てたい、手放したい」という思いでした。

重かった荷物を下ろすという作業でしょうか。

それをやっていた次第です。

目に入る情報量を減らす、そういうところに比重を置いてやってきました。

まだまだ何か削るかもしれませんが、それが何かは分かりません。。。

僕が7年間続けたニコ生のコミュを潰した理由

7年間、やってきたコミュを潰しました。

何となく、「一回リセットしたい」という思いからでした。

恥ずかしい話ですが、売名してこなかったら200人も行かなかったコミュだと思ってます。

そういう中で、一度潰して休んでもう一回やり直そうと。

ある種付き合いで入っていただいてた人もいて、それはそれで申し訳ないなという思いがあって。

付き合いで入ろうとか、それもう仕事じゃないですかと。

「見ないけど、一応知ってる人だし入っとかないと」みたいな。

本当にみたいって思いなら良いんですが。

今後はかなり勝手にやります、15分楽器弾いて満足したら平気で枠切りますし。

結局伸びる人と伸びない人の差は「持って生まれたタレント性」だと思います。

「僕はたまたま運が良かった」と仰られる大手の方もいらっしゃいますが、それもまた「才能」なんです。

だから、僕のわがままに付き合ってくれる人だけでいいです。

これからは100%趣味でやります。

月末という忙しさの中で

仕事は月末ということで電話も鳴りっぱなしで対応に追われていました。

荷物の配送量もいつもの4割増ぐらいに届いていた印象です。

障害者雇用枠という中で働いていますが、やっていることは一般枠と遜色ないぐらいのところまでいっている印象です。

ただ、急な欠勤でも嫌な顔をしないでくれているのはそれのおかげなのかと思う次第です。

2月は

・欠勤2日

・半休4日、という結果でした。

半休でも休まずにいけたというところは自分なりに頑張ったのかなと思うようにしたいですが、これを0に持っていけるように、これからも仕事と治療を両立させながら働いていこうという気持ちです。

3月はより、欠勤や半休を1日でも減らせるように頑張っていこうという所存です。

 

最近の音楽著作権界隈で一番気になるのは

「音楽教育を守る会」にどれだけ追加で参加する企業・団体があるのか、というところです。

【現場取材】JASRACの問題を現役音楽教室講師に取材してみた

今まで音楽教室の個人レッスンにJASRACが徴収の手を伸ばすということで下記の記事を書いてきた。

 

hirazen.hatenablog.jp

hirazen.hatenablog.jp

 

今回は実際の現場の声を聞くことが出来たので話をきいてみることにした。

取材したのは僕が音大受験のときからお世話になっている現役の某大手音楽教室講師である。

 

まず聞いたのは末端の教室の売上への影響だ。

「部分的に徴収する、例えば、クラシック部門からは取らないとかだとすればいいが、全体から取るということになればそれだけ負担が増えるのが考えられるからある程度の影響はみられると思う」

とのこと。

 

そして、音楽教室業界全体に目を向けた話もしてくれた。

「音楽教育を守る会」の筆頭であるヤマハ音楽振興会は15年度、6億の経常赤字を出している。

しかし、恩師はこう語った。

ヤマハや河合なんてところは音楽教室をいわば『広告』のように使っている。そりゃ利益が出ないのは当たり前。最終的には楽器を買ってもらわないことには成り立たない」

事実、ヤマハ音楽振興会の親玉であるヤマハの営業利益は下記の通り右肩上がりの状況である。

https://www.yamaha.com/ja/ir/guide/pdf/guide.pdf

つまりは「赤字が出て当たり前の部門」というのが音楽教室部門であるということだ。

 

またJASRACの体質についてもこう語った。

「元々JASRACはいろんなところに訴訟をふっかけてきた、これは今に始まったことじゃないくて、MIDIの一斉規制のことも含め、今回のことでそれがまた再燃してしまった」とのこと。

そして大炎上中の理事がいる状況についても「団体としての体を成していない、異常な状態だ」と指摘した。

 

最後に巷で騒がれている「音楽大学や専門学校にも徴収の手が伸びるのではないか」という懸念に対してこう語った。

「今回は営利目的でやっているということで音楽教室を徴収の対象にしたというのは分かる。ただ、これがもし私学の音大や専門学校にまで伸びると「国公立はどうなるの?」という、非常に線引が曖昧なことになってしまう。さすがのJASRACもここには踏み込まないとは思うが、もしそれに着手するとなったらJASRACもなりふり構わずというのが露呈することになるだろう」

 

今回賛同に加わっていないメーカーなどについては

「基本的にやる気が無いというところもあると思う、そこまで力をいれてなくて、(JASRACに)言われたら下の教室側に「はいこういうことになったからよろしく〜」ぐらいの感じだろうと思われる」

 

楽器を売るということを考えた際、音楽教室部門というのはある種「広告」というのは「音楽教育を守る」と言っている人たちからすると耳の痛い話ではあるが、これもまた事実である。

また、JASRACの今までの広報の稚拙さ、理事のTwitter大炎上等、ほころびが出てきている。

 

Twitterでも話したが、私の意見としては

「あなた方銭勘定でしか話しして無くて音楽教育どうこう言ってるのって建前じゃないんですか?」

という立場である。

 

最後に恩師はこう語った。

JASRACがやってきたことも悪いけども、まず一般の人たちに「著作権とは何か」ということが周知されていない現状がある。その中でただ感情で動いているのは仕方がないことかもしれないが、まず広く「著作権」というものを知る機会をそれぞれが持つことが、議論をすすめる第一歩ではないか」

あっという間に2月も半ば

あっという間に3月が見えてきました、自分でもびっくりするもんで。

今月一番びっくりしたのはもう月の半分の時点でこのブログが200PVを突破したこと。

10割下記記事のおかげかと思います。

 

hirazen.hatenablog.jp

 

 

hirazen.hatenablog.jp

 

時間はかかりますが、現場の取材もしたいと思っているところで。

3月に記事に出来たらなぁとか思ったり。

【考察】感情論で動くのは相手の思うつぼである〜JASRAC VS 音楽教室業界から考える〜

何にしてもそうだが、感情で動くというのは時に自分を不利に立たせることにもなる。

前回書いたJASRAC関連の記事を書いていてもそれを感じることがあった。

 

hirazen.hatenablog.jp

 

ネット上を見ても大半が音楽教室側についている状態だ。

まさにJASRACは窮地に追い込まれている。

JASRACに関しては過去の問題(MIDIデータ問題、分配の不透明さ等)があるが、今回特出して多いのが「感情で語っている人が多い」ということである。

 

「音楽教育が衰退していく」

「自ら音楽の下地を潰すのか」

「ヤクザとやり方が同じだ」

 

という意見が多く見受けられる。

もちろん、それはそうかもしれないが、それではJASRACはびくともしないのではないか。

しっかりとこの問題に対して深く考察する必要があるのではないかと思い、書いたのが前述の記事だった。

見方を変えればJASRAC擁護に見えなくもないが、私もかつて一端の大手音楽教室運営スタッフだった。

その視点から見ると、一般の人たちが「音楽教室のビジネスモデルを理解していない」というのが分かったのでそれを周知したいと思った次第だった。

また、「著作権」というものの仕組みをも理解していない人も多く見受けられた。

国が定める学校、例えば小学校や中学校といった場所で教育目的に使う場合は著作権が一定条件で自由に使えるというのは知らなかったという人が居た。

これではJASRACに足元をすくわれかねない。

今までのことと、今回のことはしっかりと切り離して論じなければ、破綻してしまう。

 

これを例に論点を整理したい。

まず、今回争われているのは「演奏権」に関するところだ。

演奏権とは「公衆に聞かせる目的で楽曲を演奏したり、歌ったりする」ことである。

これをマンツーマンで行われている音楽教室のレッスンにも適応させるということだ。

 

JASRACの言い分としては、生徒に対して見本を見せて、この曲こんな上手く弾けるようになりたいとなった場合、「じゃあこのピアノ買ってみない?」というセールストークにもつながるわけだから、営利目的だし、なおかつ公衆に聞かせる目的で演奏しているから取ってもいいよね?ということである。

 

もちろん、音楽教室側はこれまで、これとは別に外部で行われる発表会等では使用料を払ってきている経緯はある。

そこにふっと湧いたこの話である。

とあるJASRAC幹部は「10年以上協議を重ねてきた」と言っているが、その結果がこれというのは何たる体たらくだろうか。

 

そして音楽教室というビジネスモデルは今日まで長くあったのにも関わらず今の時期になってどうしてそんな話をしだしたのか。

今まで別の収入にあぐらをかいていて、収益も減ってきた部門の補填にと考えてだしたのだろうか。

そうなればこれはJASRACの明らかな怠慢であることは明白である。

 

しかしながら、音楽教室のほうを全面的に肯定出来るかと言ったらそうではなく、音楽教室というのは「音楽教育を促進している」のではなく「商売で音楽を教え、最終的には自社で楽器を買ってもらう」のが目的ということを忘れてはならない。

「音楽教育を守る会」と謳うのは結構だが、それと同時に自分たちのビジネスモデルも真摯に説明すべきではないか。

このままでは核心を付く議論は出来ない。

 

今のこの状態で感情で「JASRACが嫌いだから音楽教室の味方になる」としよう。

しかし楽器の押し売りなんていう事案があるこの音楽教室業界を考えると一概に味方になろうと思うだろうか。

私としてはそれはどうしても我慢が出来ない。

(私が働いていたところはしっかりと納得してもらった上で買ってもらっているので押し売りのような強引なセールスはしていないというのを予め申し上げて置きたい)

 

この問題を考えるというのは、JASRACの問題を考えるだけではなく「演奏権とは何か」「元をたどって著作権とは何か」「音楽教室の実態はどうなんだ」と、多岐に渡って広がっていく。

一つの問題には複数の課題が連なっていることが常である。

 

一人ひとりが視野を広く持ち、この一つの問題にとどまらず、広く考える機会になることを願ってやまない。

 

2017/02/12