僕という人間について話します

僕という人間は基本的には根暗です。

集団で居るときはかなり無理をして明るく振る舞ってます。

「うぇーいwwwww」みたいな。

 

でも家に帰ると

「あぁ、何のために生きてんだかわかんねーな。もう25なのにこんな生活でもういいよ…」

とか考えてます。

これは多分うつ病のせいだと思います。

きっといつか寛解して元気になると思いますし前向きになれると思います。

 

僕と関わりのある人の中には急に僕が暗くなったりして「怖いなぁ」とか思ったりする人もいるかもしれませんが、怖がらないでください、僕の本質は何も変わっていません。

僕はみなさんと仲良く遊んだり仕事をしたり、飲んだり、笑ったりしたいんです。

みなさんにも波があると思います。

僕はみなさんと比べて波が大きいということだけで、ほかは何も問題ないんです。

どうかそのことを理解してください。

 

 

昔、僕はとあるコンテストで賞を取りました。

詳しくはこのPDFファイルを。

http://www.oisa.jp/OISA56.pdf

本名がバリバリ載ってますが、若干19歳で賞を取ったことがあります。

 

大学当時、とある同級生にこの話をしたら、

「平山が取れんならうちらのコースの連中なら誰でも取れんじゃねwww」

と一蹴されました。

彼の予言通り、僕の大学の同級生たちが賞を次々と取り、それらは大学のHPに掲載されることになりました。

僕の賞のことは載ることはありませんでした、もちろん、所属コース統括にも報告しましたが、何も無かったです。

 

そんなことを言った彼は今や有名なバンドに在籍しておりフジロックカウントダウンジャパンに出演するまでになりました。

 

先日、僕は関節の痛みと脱力、高熱で救急外来へ行きました。

初めてトリアージも受けましたが。

大事には至らず、一人で這いつくばりながら家に帰りました。

占めて1万円、ぶっ飛びました。

それから2日後、母親が来ました。

戸籍謄本の取り寄せるついでと言ってましたが、うちに来なくていいと言ったのですが。何故か来ました。

そのときに、僕は彼の話をしました。

母親にバンド名を言うと「それ番組で見たよ」と。

「相方と一緒にみてたけど『全然意味わかんないし、どうせすぐ消えるよ』って言ってた」と。

僕への慰めもあったのかもしれません。

生活や仕事、自立への支援は厳しいものの、唯一音楽に関しては僕のことを認めてくれるのが母でした。

「まだ25でしょ?!まだやれるわよ!」

と。

 

しかしながら、人間というのはなれるものにしかなれないのではないでしょうか。

代々木ゼミナール、数学講師の荻野暢也先生はこうおっしゃっていました。

 

「(日本は)夢を追いかけて実現するということが素晴らしいと言い過ぎたんです。それによって何人の若者の未来が潰されたのか。誰かが言わなきゃいけない。なれるものにしかなれないんですよ。その中から一つ選べばいい。それが昔思い描いてた夢と違ってたって不幸でも何でもないんです」

 

その言葉が僕には重くのしかかりました。

じゃあ僕は何者になれるんだろうかと思うんです、病気を治療しながら。

一体僕は何者になれというんでしょうか。

自分で決めるしか無いわけですが、人生は選択とはよくいったものでして。

 

とりとめもなく書いてしまいました。

僕の話はこれで終わりです。

もしも、僕と会う機会があれば、感情の波とか、そういうものに気を遣わずに接してください。

僕になにか話しかけてください、嬉しいです。

その分、何かお返し出来ればと思っています。

 

では。

模様替え

模様替えをしました。

 

f:id:hirazen:20170608080957j:image

 

こんな感じでリビングを完全に音楽部屋に改造しました。

カーテンも変えました。

ちなみにビフォーはこちら。

f:id:hirazen:20170608081221j:image

まだカーテンの張り替え途中ですがもう長いこと変えてなかったので、一人になったのを契機に気分転換に仕事帰りにニトリに直行しました。

 

この茶色っぽい色がなんだか重苦しいもので、全体的に青にまとめました。

ちなみにカーペットも茶色だったので青にしました。

クッションは完全に衝動買いです。

だいぶ雰囲気変わりました、また新しい一日が始まります。

 

「通報」が遊びと化した現代のネット社会

現在25歳、約10年ほどネットの世界にどっぷりと浸かっていた。

ねとらじに始まり、ニコ動、ようつべ、そして生配信が一気に下るきっかけになったニコ生、ツイキャス、長く見てきた。

そんな中でこんなことが流行りだしていた。

 

「通報」である。

 

Twitterの炎上がいい例だが、自分では「大したことないだろう」と思ってふと上げた文章や画像が思いもよらぬ形で拡散し、該当先に通報が行くのである。

田舎の踏切にて線路立ち入り(某有名人)、看板への落書き(某レジェンド級配信者)、が直近では話題になっただろうか。

西友でサンバゲームしてた学生なんかもそれにあたる。

 

スマートフォンの普及により、ここ数年でネット人工は爆発的に増え、常に「炎上案件」を探し追い求める人間も現れ始めた。

それは通報された側からしたら見知らぬ人間であるが、それは通報する側も同じくである。

通報してその人の行く末を観るのが楽しくてしょうがないというのがある。

 

「ダメ人間の話のほうが聞いていて楽しい」とはよく言ったもので。

こうして「通報」が常態化し、そして「遊び」と化したのである。

 

決して悪いことではないのだろうけども、10年前では考えられなかった時代に入ってきたんだなと改めて実感した次第で。

しかしながら、スマホの普及と共に急速に発展してきたSNSの存在は大きい。

とにかく拡散力が尋常じゃない。

一度流れたら止まるところを知らない。

 

共謀罪とかでわーわー騒ぐ前から、既に「相互監視社会」は出来上がっているのではないのだろうか、と思う今日このごろである。

働く上で大事なこと

今日は僕の担当と面談があって、その時にいくつか相談をした。

箇条書きで書いていく。

 

1.逃げグセがある

責任ある仕事や何か嫌なことがあったら逃げるクセがある。

イベントバイトのときにもすぐにサブチーフ程度のことをやらされることが増えて早々に遁走しスーパーの夜間品出しのときも主力扱いされて朝の短時間から夜勤まで幅広くシフトに入っていて、このままでは身体が持たないのに気がついて今に至ること。

ただ、今の職場になってからは「働きたい、まだこれからもやっていきたい」という気持ちが消えてないからしっかりと持ち続けるのが大事と言われた。

 

2.大規模な事業所で長期に渡って働くのが初めてだったこと

イベントバイトは除外するとして、今までは小規模で小さいチームで働くというのが多く、こういった複数人のチームで長期間同じ事業所で協働するということ自体が初めてだったこと。

それでペースを掴めずにいたのは事実でそれで調子を崩したのはあったと思う。

これからはそれを意識して、自分なりの仕事のペースを掴んでいくことが大事と言われた。

 

3.求められるのは「Good job」ではなく「Can do」である

今求められているのは「安定した就労」である。

「いい仕事をすること」ではなく「毎日出てきて言われた仕事を言われたとおりに出来る」というところになって、初めてスタートラインに立てること。

だから今の目標は毎日出勤することになる。

 

そんなことを話していました。

世の中は「ダメ人間」を求めている

「成功した人間の話なんてつまらんよな、ダメな人間の話のほうがよっぽど面白い」

とある人の言葉である。

 

ネットにしても、何にしても、世の中は「ダメ人間」を求めている。

 

ダメな人間の様や醜態を見ると

「あぁ、自分よりダメな人間おるんやな」

と思えるわけで。

 

下を見ることで自分を安心させている世の中。

だからネットで有名になったりするのは

「ダメ人間」

が圧倒的に多い。

 

真面目に頑張っている人間を否定しないし、それは尊敬に値するし、それが本来あるべき姿でもある。

ただ、そういった「ダメ人間」でない人間でも「どうしようもないところ」はあって。

それを全開放している人間をみると快感や安心をするのは分かる気がする。

 

だからこそ、今「ダメ人間」に需要が集まっている。

姐さんに連れられて上野へ

どうも最近体調も悪く、あまり外に出たくないという昨日だったが、それを見かねた友人に連れられて上野に出てきた。

友人とは3年ぐらいの付き合いで僕は「姐さん」と慕っている。

とりあえず飯食えというわけだった。

固形物が喉を通らない状況が続いていて満身創痍だった僕に対しての心遣いだった。

気分転換に不忍池を歩いて、そのあとご飯を食べれた。

一人で食べるご飯というのはもはや作業。

空腹を満たすための機械的な動作だった。

そこで僕は完全食のCOMPを導入したわけだ、洗い物はシェイカーだけだし。

 

でも友人との食事は「コミュニケーション」であり「安息の時間」でもあった。

 

その後、友人の旦那さんも合流しておすすめの居酒屋に入り、たらふく食えと言わんばかりに出され食べ続けた。

「遠くの親戚より近くの他人」とはよく言ったもので。

 

感謝の念しか無い。

OSMO Mobileにおける「DJI Go」の使いづらさについて

先日OSMO Mobileのレビュー記事にも書いた、付属アプリの「DJI Go」について書いていこうと思う。

先日の記事はこちら。

 

hirazen.hatenablog.jp

 

OSMO Mobileだが、DIJが提供している撮影アプリの「DJI Go」が使用可能である。

このアプリで撮影を行うと、iPhoneの場合、通常よりも広角に撮れるという特徴がある。

また、自動でパンをしながらタイムラプス動画を撮ることが出来たりといい点が多くある。

しかし、致命的な問題点がある。

 

アプリで撮った動画は一旦アプリ内に保存され、カメラロールに保存する際は「コピー」という形になる。

結果として、保存するに当たっては倍の容量が必要となる。

たとえば長時間撮影を行って要領ギリギリのときになった場合。

残り数100MBしか無いなんてなった場合はコピーは不可、結局直接取り出すしかない。

僕の場合は「iFunBOX」を使用して取り出しに成功したものの、この作業はかなり苦痛。

仮に間違って消したときにはサルベージは不可に近い。

これに関しては2つの有料ソフトを使って検証したので追って書きたい。

 

そもそも、この製品のコンセプトとして長時間撮影はあまり想定されてないと思われる。

使われるシーンとしたら数分程度のファミリービデオやパーティーの様子、旅行での一コマというところだろうか。

それを考えると、1時間以上の撮影は想定外でそこまで配慮していない可能性がある。

さらにiPhoneで言えばアンドロイド端末にあるようなSDカードで容量を増やすとといったことが出来ないためなおさらである。

 

長時間撮影をする際は、標準のカメラアプリを使ったほうが安全と言えるのが個人的見解。